読死寸前

本なしじゃ、生きていけない!!

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2017/01/28    「普通の服を、はっとするほどキレイに着る」 madameH 佐藤治子著 : ライフスタイル本


書店で気になって購入し、少し前に読んだ本。
アパレルで長年、キャリアを築いてこられたmadameHこと佐藤治子さんのおしゃれの方法論。
ベーシックで良いものをアイテムを選ぶことから、アイテムごとの試着で注意する点、プチプラとの付き合い方や、ご自身のエルメスのカレの使い方など、新しいアイテムを買わなくても、手持ちのアイテムでも色々とおしゃれになれそうな役立つ情報がいっぱいだった。

おしゃれの醍醐味は、買い物をするところではなく、好きで買ったものをどのように活かしていくかを考えるところにあると思っているので、こういう本は私は大好き。

しかし、ちょっと前はファッション誌でこういう内容の記事がもっと読めたんだけどな。
今はなき「ヴァンテーヌ」を筆頭に、シーズンの服の紹介でなく、そういう、流行には関係ないようなおしゃれの筋肉を鍛えてくれるような記事のある雑誌が多かった。
最近は「これが新しい定番」と言いながら、流行のものを紹介しているような雑誌が多いような気がするんだよなー。
だから、こういう本や、元になってるマダムのブログが大人気なのかも。


スポンサーサイト

 コメントを書く/見る(0) 

2016/02/17   「99の持ちもので、シンプルに心かるく生きる」ドミニック・ローホー : ライフスタイル本


最近話題のミニマリストという方々や、節約やシンプルライフ志向の人々の間で人気という
ドミニック・ローホーの本をやっと読んだ。

この本は、ドミニックさんの基準で選んだ必要なものを通して、それをどのように使ってどのように生活しているかが書かれた本。
最低限のものしか持たない生活とはいえ、ドミニックさんの必需品の中にはカシミアのセーターやバニティバッグというような、一見「ぜいたく品」のようなものが入っているのが興味深い。必要なモノというのは、人それぞれだということなんだろう。
そして、ほとんどのものがブランドやメーカー名が特定されておらず、そういった銘品のよさを語ったり物の目利きを教えてくれたりする本でもない。

けれど、読み終わってから、自分の持ちものを見直し、無駄な買い物をなくし、センス良くいきていきたいと思うようになるような本だと思う。

私も99の持ちものを、厳選してみようかな。



 コメントを書く/見る(0) 

2014/10/13   「K.K. closet スタイリスト菊池京子の365日 Autumn-Winter」 : ライフスタイル本


大好きな菊池京子さんの本。
すべて私物の365日コーディネートの、秋冬版!!ってことで、わくわくしていた。
春夏版は既に購入済み。

コーディネートすべてがこなれていて、ストイックにも見えて、着心地がよさそう。
そして、ボーダーをはじめ、菊池さんの好きなアイテムがあちこちに。

ファッション誌のスタイリングより、こういう私物コーディネートや街角スナップの方が断然好きだし、役に立つヒントがいっぱい。

惜しむらくは、アラフォー女性が毎日の参考にするにはややカジュアル度が高すぎる気がすることかな。
業種にもよるとは思うけど、このままの着こなしではなくあくまでも「こういう感じ」をインスパイアしてくれる本だと思う。
でもね、10代のころにイメージしていたアラフォーって、おばさんのイメージだったから、こういう大人だからこそ着こなせるカジュアルやかわいらしさの提案がたくさんあるというだけでもうれしいけども。



 コメントを書く/見る(0) 

2012/10/08   Colors スタイリスト菊池京子 12色のファッションファイル : ライフスタイル本







待ってました!!
「マリソル」に連載されていた菊池京子さんのコーディネートページが本になった。
菊池京子さんはDomaniだったとおもうけど、とても好きなスタイリストさん。
ベーシックなんだけども、洗練されたスタイリングにいつもため息をつく。
今回、そのページをまとめてみることが出来て、何を買えばいい、とかではなくて、
手持ちの服で今すぐでも出来そうなヒントが満載な本。
たとえば、カーゴパンツの足元に素足でヒールを合わせたりとか。。。。

何気ないスタイリングでも
実は各アイテムはその時々のトレンドを反映したものが使ってあったりもするけれど。

でもこういう「気分」を大事にしながら、毎日のコーディネートを考えたいな。


 コメントを書く/見る(0) 

2010/03/14   「買わない習慣」 金子由紀子 : ライフスタイル本




ロハスとかエコなんかの流れとともに、
シンプルライフ本もすごく流行ってる気がする。

そんななかで面白かったのが、この本。
目先の安い物を買うのをやめて、本当に好きなものやほしい物だけを買おう・・・と、
この手の本では目新しいことは特に書いてないなー、と思っていたら
あったあった。

「買わない一週間チャレンジレポート」
できるだけ何も買わないで(生鮮食品も!!)、あるものだけで一週間生活してみるというチャレンジ。
これを何人かの人にやってもらった記録がとても面白かった。
冷蔵庫の中身や缶詰を活用したり、思わぬ在庫を見つけたり・・・。
「予備」や「在庫」という大義名分の下に、ふだんいかに無駄な買い物をしてるかがわかるなあ・・・。
一週間不買よりも一週間コンビニに寄らないという方法もありかも。

読んでみると「はた!!」と、100円ショップやコンビニに行きたい衝動がなくなるかも。


 コメントを書く/見る(0) 

プロフィール

華岡 紬

Author:華岡 紬
読書し過ぎで、読死しそう。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

魚柄仁之助 (1)
江戸川乱歩 (3)
笠井潔 (2)
北村薫 (2)
北村想 (1)
佐々木譲 (2)
篠田秀幸 (1)
島田荘司 (1)
村薫 (1)
立原正秋 (1)
帚木蓬生 (1)
藤原伊織 (1)
宮本輝 (1)
山崎豊子 (2)
横溝正史 (1)
漫画 (7)
料理本 (10)
ライフスタイル本 (8)
テーマ別(「~な○冊」) (2)
購入メモ (3)
読書まわり (3)
未分類 (0)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。