読死寸前

本なしじゃ、生きていけない!!

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/01/13    旅行の時に読む本は普段から貯めておく : 読書まわり


3726


近所の小さい古本屋のワゴンで掘り出した、100円の文庫本2冊。
推理小説マニアなら初歩(?)かもしれないけど、読んでいないヴァン・ダインの有名な2冊。
でも、すぐには読まずに、帰省や旅行の時までとっておくのだ。

こんなふうに、旅行の際に長距離の列車や飛行機の中で読むための本は普段から買っておく。
旅のおともにする本の条件としては

①文庫本 →重量として軽いから。
②なるべく見切り品や100円になっている古本→読み終わった時に捨てて、荷物を減らすため
③娯楽作品→夢中になれる推理小説や時代小説でリラックス
④読むのに時間のかかるもの→異様に本を読むのが早いので、例えば12時間のフライトだとさらっと読める本なら何冊も準備する必要が出てきてつらい。そのため、普段は登場人物の名前が覚えにくくてあまり読まない海外物の推理小説などを準備。(今回買ったヴァン・ダインはこの条件にあてはまる)
⑤行先が舞台になっているもの→こういうものだと、また楽しめたりもする。イギリスに旅行するときにアガサ・クリスティとか。イスタンブールに旅行したときに「深夜特急」持っていったら、臨場感があってとっても楽しかった。海外のスパイ小説などもおすすめ。プリンス・マルコシリーズとか。


普段から買っておくと、本当に読みたい本が読めて、
単なる時間つぶしにならない、リラックスした旅の移動時間になるので、休暇が充実する。
それに、支出の面でも、空港や駅であわてて間に合わせの雑誌などを買うよりかなりの節約ができる。

最近は動画やDVDを見たり、ゲームをしたりというのも移動時間の過ごし方の主流になってきているけど、
私はデジタルの画面をずっと見ているのは苦手なので、しばらくはこんな感じで紙の本を持っていくのだろうな・・・。

スポンサーサイト

 コメントを書く/見る(0) 

プロフィール

華岡 紬

Author:華岡 紬
読書し過ぎで、読死しそう。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

魚柄仁之助 (1)
江戸川乱歩 (3)
笠井潔 (2)
北村薫 (2)
北村想 (1)
佐々木譲 (2)
篠田秀幸 (1)
島田荘司 (1)
村薫 (1)
立原正秋 (1)
帚木蓬生 (1)
藤原伊織 (1)
宮本輝 (1)
山崎豊子 (2)
横溝正史 (1)
漫画 (7)
料理本 (10)
ライフスタイル本 (8)
テーマ別(「~な○冊」) (2)
購入メモ (3)
読書まわり (3)
未分類 (0)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。