読死寸前

本なしじゃ、生きていけない!!

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



コメント










管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://dokushisunzen.blog38.fc2.com/tb.php/4-3ac0cdc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2009/04/25   「アドルフに告ぐ」 手塚治虫 : 漫画


連休中に読むのにもいいかなあ・・・と思い、紹介。

あの手塚治虫による名作。
(私の中では手塚治虫作品の中でベスト3に入ると思う)
第二次世界大戦中の日本・ドイツ、そして大戦後の世界とパレスチナを舞台にした3人の「アドルフ」をめぐる物語。
一人目はもちろんアドルフ・ヒトラー。
二人目はドイツ人の父と日本人の母を持つアドルフ・カウフマン。
三人目はドイツ系ユダヤ人のアドルフ・カミル。

手塚治虫のストーリーテラーぶりというのがさすがに非常にうまくて、
長い物語もずーーーっと楽しんで読める。
なんか、神様のしかけた「運命の糸」みたいなものに「ううッ!!」と何度も唸らされるのだよねー。

重い歴史を知るためにも、単によくできた物語としてもがっつりと読み応えがあること、うけあい。

私にとってよりラッキーだったのは、
この本を初めて読んだのがドイツに住んでいたころということかもしれない。
「この本はドイツ語訳して、ぜひドイツでも読んでもらわなくては!!」
と思ったけど、もうドイツ語訳って出てるのだろうなー。

↓文春文庫の新装版が出た!!素敵!!






スポンサーサイト


 コメントを書く/見る(0) 

コメント










管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


トラックバックURL→http://dokushisunzen.blog38.fc2.com/tb.php/4-3ac0cdc6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

華岡 紬

Author:華岡 紬
読書し過ぎで、読死しそう。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

魚柄仁之助 (1)
江戸川乱歩 (3)
笠井潔 (2)
北村薫 (2)
北村想 (1)
佐々木譲 (2)
篠田秀幸 (1)
島田荘司 (1)
村薫 (1)
立原正秋 (1)
帚木蓬生 (1)
藤原伊織 (1)
宮本輝 (1)
山崎豊子 (2)
横溝正史 (1)
漫画 (7)
料理本 (10)
ライフスタイル本 (8)
テーマ別(「~な○冊」) (2)
購入メモ (3)
読書まわり (3)
未分類 (0)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。