読死寸前

本なしじゃ、生きていけない!!

--/--/--   スポンサーサイト : スポンサー広告


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010/03/14   「買わない習慣」 金子由紀子 : ライフスタイル本




ロハスとかエコなんかの流れとともに、
シンプルライフ本もすごく流行ってる気がする。

そんななかで面白かったのが、この本。
目先の安い物を買うのをやめて、本当に好きなものやほしい物だけを買おう・・・と、
この手の本では目新しいことは特に書いてないなー、と思っていたら
あったあった。

「買わない一週間チャレンジレポート」
できるだけ何も買わないで(生鮮食品も!!)、あるものだけで一週間生活してみるというチャレンジ。
これを何人かの人にやってもらった記録がとても面白かった。
冷蔵庫の中身や缶詰を活用したり、思わぬ在庫を見つけたり・・・。
「予備」や「在庫」という大義名分の下に、ふだんいかに無駄な買い物をしてるかがわかるなあ・・・。
一週間不買よりも一週間コンビニに寄らないという方法もありかも。

読んでみると「はた!!」と、100円ショップやコンビニに行きたい衝動がなくなるかも。


 コメントを書く/見る(0) 

2010/03/13   「きものであそぼ」 遠藤 瓔子 : ライフスタイル本





着物についてはずーっと関心はあったものの、後回しになっていた。
それに「お金がかかるし」「人にきかないとわからない、めんどくさいことが多そう」
というのがハードルになって、ますます後回しに。
このあたりの思い込みを見事に打ち破ってくれたのが、この本。

コーディネートだけでなく、著者の発想そのものがポップで柔軟。
それも、本物の着物を沢山見て、
本物のきまりごとなんかをきっちりご存知だからできること。

古着やお下がり、イマドキのポリエステルの着物まで登場してとっても楽しい。

『Dom○ni』や『美しい○モノ』なんかのグラビアページの、
数十~数百万円するようなコーディネートもいいけど
実際に覚えたいと思うのはやはり、
個性的におしゃれにかしこく着物をきこなすことだというのは
洋服の場合と同じだとおもうんだよねー。


 コメントを書く/見る(0) 

2010/01/06   「聖灰の暗号」 帚木 蓬生 : 帚木蓬生


ことしもぼちぼち読書するよ!!

で、年末年始にはやはり「極上のミステリー」が必要なので
今さらのように「ダヴィンチ・コード」を読んで・・・面白かったのだけど、少し物足りなくて・・・。

年始の本屋さんが開くのを待って、この本を即買い。
以前にやはりこの人の海外歴史ミステリで「ヒトラーの防具」を読んで、とても面白かった記憶もあり。
(こちらもすっごくおすすめ)




<あらすじ>(「BOOK」データベースより)
歴史学者・須貝彰は、南仏の図書館で世紀の発見をした。異端としてカトリックに憎悪され、十字軍の総攻撃を受けたカタリ派についての古文書を探りあてたのだ。運命的に出会った精神科医クリスチーヌ・サンドルとともに、須貝は、後世に密かに伝えられた“人間の大罪”を追い始める。構想三十年、時代に翻弄された市井の男女を描き続ける作家が全身全霊をこめた、歴史ミステリ。

主人公がパリからピレネーの方まで旅する姿や、田舎の描写がとってもいい。
あと、古文書に描いてあるドラマ(カタリ派の人々の物語)が活き活きしていてとてもいいし、
古文書をめぐるミステリーも楽しい。
ただ、現代のほうのミステリーはそこそこかしら・・・・と思ったり。
歴史に関しての説明が難解すぎず、物足りないわけでもないのでいいバランスだと思う。
そのうえで、旅する気分で読むミステリーとしてはおすすめ。




 コメントを書く/見る(0) 

2009/12/19   「TOKYO BASIC」 : ライフスタイル本



OggiやDomaniなどでおなじみのスタイリスト、菊池京子さんのスタイリング本。

この本が出たのを知った時、すごく嬉しかった。
菊池京子さんのスタイリングは私も大好き。
黒いパンツ、ジーンズ、白いシャツ、トレンチコートなどベーシックなアイテムを
毎回毎回本当にとてもおしゃれで洗練されたコーディネートに組み立てているから。
もちろんモデルさんの力という場合もあるけど、
載っているコーディネートの半分以上はアイテムを並べただけの画なのですごいんだなー。

出てくる基本色は黒・白・ベージュ・グレーにデニムの紺ぐらい。
(これって、シスター少女の「基本5色」だよな)
そこにカーキやきれい色や光をもつ小物などを合わせたりするのは、私の大好きなやり方。
そして、セオリーのパンツがパンツスタイルの原点というのは、私も同じ。
シンプルなコーディネートはシルエットに妥協しない、というツボがさすが。

この本は「これとこれを買って組み合わせれば、おしゃれになりますよー」
という本ではない。
雑誌のコーディネートページなどから再録、編集したものなので
出てくる服や小物は私物だったり、雑誌掲載当時の物だったりして
ブランド名が明記されていないものも多い。

だけど、うーん、「おしゃれの筋肉」ともいうべき感覚を鍛えるにはとってもいい一冊。
広告だらけでがっかりするような今月の雑誌を買うよりも、きっとリターンは大きいし
パラパラながめるだけでもどこのページも楽しめる。


 コメントを書く/見る(0) 

2009/10/24   「きのう何食べた?」(3) よしながふみ : 漫画


予定通り買った。

今回も色々と、身近ながらおいしい食卓。
サッポロ一番のみそラーメン、鶏の水炊き、うなぎの混ぜごはん、クレープ(おかず&おやつ)などなど。
そして、シロさんとけんちゃんをとりまく当たり前の悩み(老後の心配とか結婚とか)をしみじみ描いてるのが相変わらずうまいなあ・・・と思ったりして。


うなぎの混ぜご飯と久々にサッポロ一番のラーメンを食べたくなった私だったのさ。



 コメントを書く/見る(0) 

プロフィール

華岡 紬

Author:華岡 紬
読書し過ぎで、読死しそう。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

魚柄仁之助 (1)
江戸川乱歩 (3)
笠井潔 (2)
北村薫 (2)
北村想 (1)
佐々木譲 (2)
篠田秀幸 (1)
島田荘司 (1)
村薫 (1)
立原正秋 (1)
帚木蓬生 (1)
藤原伊織 (1)
宮本輝 (1)
山崎豊子 (2)
横溝正史 (1)
漫画 (7)
料理本 (10)
ライフスタイル本 (8)
テーマ別(「~な○冊」) (2)
購入メモ (3)
読書まわり (3)
未分類 (0)

FC2カウンター

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。